完全消滅型生ゴミ処理機販売センターの社員体験レポートです。生ごみの消滅までの記録をご紹介しております。
完全消滅型生ごみ処理機販売センターTOP
完全消滅型生ゴミ処理機販売センタートップ
生ごみ処理機「自然の恵み」詳細
生ごみ処理機「自然の恵み」の特徴
生ごみ処理機「自然の恵み」の使い方
生ごみ処理機「自然の恵み」のスペック
生ごみ処理機「自然の恵み」Q&A
生ごみ処理機「自然の恵み」レポート
会社案内
お問い合わせ
価格・ご注文フォーム

--------------------
生ごみ処理機「自然の恵み」は各自治体による助成金対象商品です。→助成金Q&A

--------------------

メディア紹介
「自然の恵み」がテレビで放映されました。

サイトマップ

通信販売法に基づく表示


個人情報に関する基本方針


TOP / 生ゴミ処理機レポート 社員体験レポート
 Now!

社員体験レポート

社員体験レポート1


昨年、好評を頂きながらも、いつの間にか投稿されなくなった社員体験レポート1。今回、装いも新たに「完全消滅型生ゴミ処理機販売センター公式ブログ」として生まれ変わりました。レポーターは、去年に引き続き、生ゴミ処理機販売チームの一員、K君。「完全消滅型生ゴミ処理機販売センター」の知ってて得する情報が盛りだくさんの内容となっています。

それでは、K君と恵(彼は「自然の恵み」のことを恵と呼んでいます)の生活をのぞいてみましょう。→「完全消滅型生ゴミ処理機販売センター公式ブログ」へ

社員体験レポート2

私たち生ゴミ処理機販売チームが2年間社内で、生ゴミ処理機「自然の恵み」を使用しました。
これまでに分解した生ゴミの量は、全部でなんと約1000kg。ニオイもなく、音もしずかに活躍し
てくれました。

社内で日々観察してきた生ゴミの消滅経過をご紹介致します。

※販売チームでは、旧型の生ゴミ処理機「自然の恵み」を使用いたしました。機械本体は数段
大きく、重いのが旧型です。ですが、性能は新型「自然の恵み」とかわりありません。
そこで私たちは旧型の「自然の恵み」で実験をいたしました。

※ニオイもないので、あえて室内で実験を行っています。
あくまでも外置用の生ゴミ処理機ですので、皆様は屋外でご使用下さい。

  生ゴミ処理機稼働中!
生ゴミ処理機の実験を行っています。
日々の生ゴミの変化等を少しでもお伝えすることが出来ればうれしいです。
随時更新していく予定です。

実験結果等に関するご質問も、お問い合わせにて受け付けております。
詳しい情報等をお望みの方はぜひご連絡下さい。
(「どんな土なのか見てみたい」「ニオイについて聞きたい」等、何でも結構です。)
8月4日(14:30) 晴れ
今年の夏の最高気温を記録

生ゴミ、(焼き魚・ご飯・炒め野菜・ハンバーグ・お付け物・ロールキャベツ等々合計、1320g)を入れました。
8月5日(12:30) 晴れ 東京の最高気温32℃に

生ゴミの姿は全く見えなくなった、何かの種と、皮らしきもの(判別は困難)が見えます。
梅雨明けで暑い日が続いていますが、生ゴミ処理機内への影響は今のところ全く見られません。
▲ページトップへ
8月5日(17:30)  晴れ 東京の最高気温32℃に 夕立

生ゴミがあまり出なかったので、近くの雑草やご飯、チキンのなども一緒に入れました。
雑草の茎の堅いものなどもあり、食物繊維たっぷりの生ゴミです。
消滅しにくいだろうとも思いますが、一度やってみたいと思います。あくまでも実験ですのでご購入のされた方は人間の食べられるものだけ入れてください。多少の草などは大丈夫ですが…。
8月6日(14:00) 晴れのちくもり 沖縄地方に台風接近中

昨日少し無理をして草やチキンの骨なども一緒に入れてみたがほとんど消滅していました。唯一雑草の茎が確認できました。約1cm程の長さで色などは変色しきって中身が空洞の状態でした。骨については確認出来ませんでした。
調理済みの骨の方が新鮮な雑草の茎より消滅が早いのでしょうか?
8月8日(15:30) くもりのち雨 台風10号 四国・九州へ

今日は主に残飯を入れました。コロッケ・ご飯・焼きそばサラダ等の残りです。300g程度の残飯なのですぐに消化出来ると思います。今回はスピードを確かめたいので3時間後の状況お伝えできればと思います。
8月8日(19:00)  くもりのち雨 

先ほど入れた残飯はほぼ見えなくなりました。茶色っぽいものが少し見えると思いますが、コロッケの揚げ衣の一部だと思われます。その他の残飯は目では確認できませんでした。
よって一部の食品を除いて、3時間でほとんどの食べ物は見えなくなる、ということが分かりました。
▲ページトップへ
8月11日(17:00)  晴れ
2日間も時間をおいたたので、生ごみは分解しつくされ、全くみえなくなっていました。
「投入出来ない物」の一つ、「梅干しの種」を入れてみようと思います。
 
生ごみなどと一緒に梅干しの種を入れてみました。種は「投入できないもの」の一つですが、何日間残るのか経過を見てみようと思います。  
生ゴミ処理機に入れる前の梅干しの種です。
大きさに注目して下さい。

 

8月12日(15:30)  くもり時々雨  

昨日入れた生ごみは無くなっていました。
ただ、最近生ごみを入れる量が極端に少なかったので、少しチップが乾いてきたようです。
水をコップ2杯分(約300ml)入れました。
 
二つ入れたはずの種なのですが、土と一体化してしまい一つしか見つかりませんでした。どこかにあると思うのですが…。
左の写真で分かるように堅い種は変色して柔らかくなりペッチャンコになっていました。
しかしまだ種と認識はできます。
残飯が少なかったので雑草も生ごみと一緒に入れました。
▲ページトップへ
8月13日(14:00)  くもり

昨日入れたゴミはきれいに消えていました。
 
生ゴミ処理機に入れて約2日間経過した梅干しの種です。表面が半分剥がれている状態でした。まだ何かの種である事はわかりますが、梅干しの種かどうかは判断できません。
今後、ほとんど土と一体化した種を土の中から探し出す事は困難と考えました。
梅干しの種の実験はこれで終わりにします。
 
今度は鶏肉の骨で実験してみようと思います。梅干しの種とは違い大きめですので見失うことは無いと思います。

※重ね重ねになりますが、自然の恵みをご購入された方は骨や種を入れないで下さい。
 
8月13日(16:00)  くもり
2時間経過後、チキンの骨からは衣と肉が剥がれ落ち、骨だけになっていました。
 
8月14日(14:30)  雨
東京の最低気温が20度をきり5月並の寒さに。昨日入れた生ゴミは骨以外見当たりませんでした。
 
昨日入れた骨は半分折れて見つかりました。骨の中身が黒っぽくなっているのが写真から分かると思います。これは骨の中詰まった土でした。 骨にはまだ堅さも残っていました。  
8月20日(14:00) くもりのち晴れ

今日までお盆休みをとっていたので、しばらくの間、フタをとじたままの状態でした。でも何の問題もなく動いていましたの一安心しました。
そこで、いつも通りに生ゴミを入れました。
 
骨については一応数本見つかりました。折れて、細くなっている様に見えます。ただ、まだ骨の原型は保っていました。  

▲ページトップへ


このサイトはホームページ作成検索エンジンマーケティングSEOプライム・ストラテジーが運営しております。
美容の情報サイトは美容室・美容院WEBがおすすめです。
自動車保険の「豆知識」サイトは裏自動車保険情報自動車保険の比較自動車盗難保険・車両保険自動車保険節約テクニック自動車保険の選び方がおすすめです。
生活にお役立ちサイト法律・法令集、医療保険・ガン保険ネット、生命保険の選び方もどうぞ。
Copyright.Prime the ECO Project Team. all rights reserved.