生ゴミの匂いにお困りのかたへ。生ゴミ処理機「自然の恵み」は生ゴミのニオイを土の香りにしています。生ゴミの臭いが出ないからコバエもよってきません。
完全消滅型生ごみ処理機販売センターTOP
完全消滅型生ゴミ処理機販売センタートップ
生ごみ処理機「自然の恵み」詳細
生ごみ処理機「自然の恵み」の特徴
生ごみ処理機「自然の恵み」の使い方
生ごみ処理機「自然の恵み」のスペック
生ごみ処理機「自然の恵み」Q&A
生ごみ処理機「自然の恵み」レポート
会社案内
お問い合わせ
価格・ご注文フォーム

--------------------
生ごみ処理機「自然の恵み」は各自治体による助成金対象商品です。→助成金Q&A

--------------------

メディア紹介
「自然の恵み」がテレビで放映されました。

サイトマップ

通信販売法に基づく表示


個人情報に関する基本方針



〜プロフィール〜
松岡氏
(株)つくば環境技術研究所の代表取締役社長。
マートンチップを始め様々な技術を世に送り出しています。

小柴
プライムストラテジー(株)のコンサルタント事業部に所属。
世に埋もれている技術をもった会社を全国探している時、松岡氏に出会う。


※1
〜コバエは集まらない〜
「コバエが集まる」とはどういった状態をいうのかといいますと…
生ゴミを外に置くとコバエが大量に(数十匹)集まってきます。その状態のことを「集まる」と表現しています。

弊社の生ゴミ処理機は消滅型です。
ただし、生ゴミを入れた瞬間および消滅過程では生ゴミが存在する状態にあります。
このときに2〜3匹のコバエが寄って来ることがあります。
この点はご了承ください。
















※2
〜ルールを守って〜

ここでいうルールとは説明書のことを言います。

ごく当たり前のこと、たとえば
「一日の投入量は1.5kgです。ニオイの強い食べ物は分けていれて下さい。」などの注意が記載されています。

TOP / 生ゴミ処理機「自然の恵み」詳細 / 2)土の香り

now!  
自然の恵みの特徴1)完全消滅2)土の香り3)メンテナンス4)ランニングコスト5)特許等実績

土の香り

 
松岡氏
「フタを開けた時、いやなニオイが残っていたら、
『自然の恵み』に合格点はあげていませんでしたよ。」
 

小柴)ニオイについて聞いてみました。その結果はこのとおりです。
ニオイを「おさえる」のでは遅すぎる。
「自然の恵み」がそもそもニオイを「発生させない」ようにする理由。

1)そもそもニオイを発生さないようにするしくみでできている。
(高性能フィルターなどでニオイをカットする必要がない。)
2)「自然の恵み」のフタをあけると森の香りがする。
3)室内に置くことをおすすめしない理由は、「衛生面」と「二酸化炭素」。
4)ニオイを出さない秘密は、やはり微生物にある。

1)そもそもニオイを発生させないようにするしくみでできている。
(高性能フィルターなどでニオイをカットする必要がない。)


小柴) イヤなニオイが出ないというのが不思議でならないのですが、何か高性能なフィルターなどがついているのですか?

いいえ。高性能フィルターなどはつけていません。元からニオイをださないようなしくみでつくってあるので、脱臭機を付ける必要がないんです。

他社メーカーでは、プラチナなどの高性能フィルターが売りになっていますね。

私たちから見たらそれらは「ニオイが出るので一所懸命おさえました!」と、 宣伝しているようなもの。ニオイが出ることをみずからほのめかしてしまっているのです。

小柴) そういえばそうですね。高級な高性能なフィルターを付けると、ニオイが外には出にくくなりそうだとは思いますが、逆にいえば、中はニオイますと宣言しているようなものですよね。

あっ、それから、脱臭機を取り付ける分のコストがかかっているから、価格にその分の上乗せがあるはずですよね。

そのとおり。ですから、高性能なフィルターを取り付けずに済む、ニオイを「出さない」ようにする方法が一番いいんですよ。

一般的に脱臭剤や脱臭機の効果というのは、いきなりなくなってしまうことは少なく、徐々に落ちてくるものなんです。これがなかなか怖いんです。脱臭機等の性能が落ちれば、徐々にニオイが室内などに溜まってきます。

しかし人間はニオイに慣れてしまいますから、脱臭機の性能が落ちたことに気づきません。それでたまにお客様が来ると、その時にお客様が気付くんです。自分の家のにおいって住んでいると気付きませんからね。お客様に気づかれたときには、たいていの場合手遅れです。

一生懸命脱臭剤を使って壁や布にについたニオイを取ろうとしても、そう簡単には取れないものなんです。ですから、室内に生ゴミ処理機を置くことを私たちはお薦めしません。これまでお客様のお話しをうかがってきた経験上、みなさんにもそのようにお話ししています。

小柴) 怖いですね。そういえば自分の家の臭いって気付かないですからね〜。では、自然の恵みの中身はどんなニオイになっているんですか?

▲ページトップへ

2)「自然の恵み」のフタをあけると森の香りがする。


生ゴミ処理機「自然の恵み」の中身の匂いは、自然によって作られた「森の土の香り」です。具体的にご説明致しましょう。

生ゴミを入れた瞬間や、生ゴミが分解されずに残っている時点では、生ゴミのニオイはするでしょう。これはどんな最新式の処理機でもなくすことは不可能です。

しかし、生ゴミが分解された時点での「自然の恵み」には、あの鼻を突くようなニオイなどはありません。おそらく他社製品とは比べものにならないほどだと思います。

生ゴミ処理機をおつかいになったことがない方や、特にニオイに対して敏感な方なら、もしかすると、生ゴミの分解された後でも、「自然の恵み」の中の匂いをかいで生ゴミのニオイをキャッチされるかもしれません。

しかし、 他社製品をお使いになったことがある方なら、「自然の恵み」がどれほどニオイを発生させないものであるかが、実感を持っておわかりいただけることと思います。

「自然の恵み」の匂いをあえて形容しようとするなら、「森の土の香り」です。枯れ葉の朽ちたものがたくさん混ざったような、生きた土の香り、多くの方にとって決してイヤな匂いではないと思います。

自然の土の香りはとてもいいにおいですよ。ぜひ、一度森に行ってみてください。
そこの土の香りと同じと考えていただいて、間違いはないと思います。

ところで、なぜ「生ゴミのニオイ」を「森の土の香り」に変えるようなことが可能になったかというと、生ゴミの分解に自然のシステムを使っているからなのです。(「完全消滅」をご参照ください。

小柴) 森では、一分一秒ごとに生物が生まれては死んでいきますけれど、なまぐさいニオイなんてしませんね!むしろ、森の香りは深呼吸したくなるようないい匂いですよね。

でも、家の中に土がある観葉植物などを置いても全然平気なのに、なぜ生ゴミ処理機「自然の恵み」を部屋に置いてはいけないのでしょうか?

▲ページトップへ

3)室内に置くことをおすすめしない理由は、「衛生面」と「二酸化炭素」。


小柴さんはスルドイですね。矛盾している?いえいえ、ちゃんと理由がありますよ。 おこたえしましょう。 一つ目の理由は「衛生面」です。

消滅する時間が1時間であろうとも24時間であろうとも、室内に生ゴミがある事にかわりはありません。

腐敗がすすむ前にほぼ分解されますから、実際のところはほとんど問題ありません。でも、室内はあくまで衛生的に保ちたいものです。(神経質になり過ぎでしょうかね。) ですから、室内に置くことを積極的にはおすすめしていません。

「自然の恵み」以外の一般の生ゴミ処理機では、古い生ゴミが常にある状態が長く続きます。この状態は確実に「衛生的ではない」といえます。生ゴミがある状態が長く続くと腐敗が進み、コバエなどの虫がわきます。

これはどうにもしかたがない、当然のことです。なぜなら、消滅しない限り、コバエにとっておいしいごちそうが
そこにある状態が続いてしまう
んですから…。

ちなみに、地面の土にコバエは集まりませんよね。それと同様なのです。「自然の恵み」というものは。生ゴミ処理機「自然の恵み」にもコバエは集まりません(※1)

ただ、どんなに優秀な機械でも、生ゴミを入れた瞬間は、当然生ゴミのニオイがします。生ゴミの匂いが瞬間的に、しかも安全に消されることは、現在の最新技術でも出来ません。

それでも、私たちとしては、生ゴミを入れた一瞬のニオイまでも消したい、と考えています。時間はかかるかもしれませんが、技術を追求していく中でいつか実現したい課題の一つです。

もう一つの室内に置いて欲しくない理由は「二酸化炭素」です。

人間が呼吸の際に放出するのと同様、生ゴミが分解される際にも二酸化炭素が発生します。 「自然の恵み」は生ゴミを炭酸ガスと水に分解します。そして、生ゴミが分解される過程でつくられる 「炭酸ガス」は、そのほとんどが「二酸化炭素」からなります。

人間にとって二酸化炭素は、過剰でなければ特に害のないものです。しかし、もちろんとりたてて必要なものというわけでもありません。ですから、二酸化炭素がたくさん発生してもよいように、風通しの良い屋外に置くことをお薦めしているのです。

小柴) そうだったんですね。それでは衛生面と二酸化炭素から、室内に置くのは止めた方がよさそうですね。

▲ページトップへ

4)ニオイを出さない秘密は、やはり微生物にある。


小柴) 具体的に、ニオイの発生をおさえる工夫とはどのようなものなのですか?
ニオイの発生を抑える場面でも、「微生物の活躍」を利用させてもらっています。
ニオイの原因として有力なのが「アンモニア」です。この「アンモニア」を、別の異なる物質に変える、具体的には「亜硝酸」という物質に変える微生物がいるんですよ。
小柴) では、その微生物の働きによってニオイの原因をやっつけていると考えていいんですか?

そうですね。そう考えて頂いて結構ですよ。もちろん「自然の恵み」でイヤなニオイがしないのには、ほかにも理由があります。たとえば「マートンチップ」。下水処理に使われるこのチップは、ニオイを抑える働きもします。

ただし、ここで注意して欲しいことが一つあります。完全消滅についてのお話しでもご説明しましたが、微生物の力も限界はあります。生ゴミと微生物の勝ち負けで、生ゴミが分解されるかどうかが決まっているのです。微生物が勝てば消滅しますし、微生物が負けたら消滅に時間がかかります(とはいえ24時間以内ですが。)。

ニオイの分解についても同じ事がいえます。微生物が勝てないようなニオイのキツイものを一度に入れますと、微生物が負けてしまいます。いつかは消滅しニオイがほとんどなくなりますが、ニオイの分解速度が遅くなります。

ですから、ここでもニオイのキツイものは、一度に大量に入れないで下さい。
しかし、ルール(※2)を守って使って頂ければ何の問題もありませんのでご安心を

小柴) ニオイの発生が抑えられることについても、よくわかりました。やっぱりすごいですね、「自然の恵み」は。

小柴さんにそうおっしゃっていただけて、たいへん光栄です。それでは、「自然の恵み」 の特徴の三つ目、「メンテナンス」についてご説明しましょう。

「自然の恵み」をご使用中の主婦のみなさんに聞くと、お手入れが楽なところを一番気に入って下さっているそうですよ。どれだけお手入れが楽なのかといいますと…。


 ▼次のページではメンテナンスについてご紹介しています。
▲ページトップへ

自然の恵みの特徴1)完全消滅2)土の香り3)メンテナンス4)ランニングコスト5)特許等実績

[価格] [お問い合わせ]



このサイトはホームページ作成検索エンジンマーケティングSEOプライム・ストラテジーが運営しております。
美容の情報サイトは美容室・美容院WEBがおすすめです。
自動車保険の「豆知識」サイトは裏自動車保険情報自動車保険の比較自動車盗難保険・車両保険自動車保険節約テクニック自動車保険の選び方がおすすめです。
生活にお役立ちサイト法律・法令集、医療保険・ガン保険ネット、生命保険の選び方もどうぞ。
Copyright.Prime Strategy the ECO Project Team. all rights reserved.